2022年12月5日月曜日

TOPPERS/ASP - RL78版 その3

前回からの続きです。

このテーマを最初からご覧になる場合はこちらからどうぞ。


開発環境の構築(IDE編)

続きまして、RL78用のIDEのインストールを行います。

IDEは、ルネサスエレクトロニクス社純正の「e2 studio」というものを使用します。

以下のページでダウンロードします。


https://www.renesas.com/jp/ja/software-tool/e-studio

統合開発環境 e2 studio 2022-10 Windows用インストーラ」という項目をクリックすると…

「e2 studio」ダウンロードページ - 1


以下のようなポップアップが表示されます。

ここでは難しく考えずに「Confirm」をクリックします。

「e2 studio」ダウンロードページ - 2


すると以下のページが開きます。

なんと!インストールのためにはユーザー登録が必要!?

マーケティング的には重要なのはわかりますが、個人情報に気を使わなければならない時代、ただ試しにチョットだけ使ってみたい人だっているのだから、もうちょっと寛大でも良いと思うのですが…。

そのスジの方なら「My Renesas」のアカウントを持っている方もいるとは思いますが、そうでない方は「登録」をクリックして、アカウントの作成とログインをお願いします。

(私は、こういう面倒な作業で心が折れるタイプ…。)

「e2 studio」ダウンロードページ - 3


はい、一度ログインしてしまえばダウンロードできます。

トップページに戻って「統合開発環境 e2 studio 2022-10 Windows用インストーラ」という項目をクリックです。

「e2 studio」ダウンロードページ - 4


以下のようなページが表示されますので「同意します」をクリック。

ダウンロードが始まります。

「e2 studio」ダウンロードページ - 5


ダウンロードが完了すると「setup_e2_studio_20xx-xx.zip」というファイルが生成されますので、これを解凍します。

解凍されて生成された「setup_e2_studio_20xx-xx.exe」というファイル、これがインストーラー本体ですので、ダブルクリック!

すぐに以下のポップアップが表示されますので、「All Users」をクリックします。
「e2 studio」インストーラー - 1


以下の表示では「Next」をクリック!

「e2 studio」インストーラー - 2


次の表示ではお目当ての「RL78」のみにチェックを入れて「Next」をクリックします。

「e2 studio」インストーラー - 3


次の表示ではニッポンジンなら「Japanese Language Support」のみにチェックを入れて「Next」をクリックします。

多分IDEの日本語表示化のオプションでしょう。

「e2 studio」インストーラー - 4


以下2つの画面では「Next」連打!

「e2 studio」インストーラー - 5


「e2 studio」インストーラー - 6


出ました!ライセンスの同意。

同意しなければ、そこで試合終了だよ…。

ソフトウェア契約の条件に同意します。」を選択した後に「Next」をクリックです。

「e2 studio」インストーラー - 7


以下の画面も「Next」をクリック…。

「e2 studio」インストーラー - 8


これで最後かな?

インストール」をクリックしてください。

「e2 studio」インストーラー - 9


インストールが始まりましたが、間髪入れずVisual C++のランタイム(だと思う…)のインストールが開始されます。

これは、放っておけば勝手に終わります。

「e2 studio」インストーラー - 10


Visual C++のランタイムが勝手に終了すると、メインのインストーラーに処理が戻りますが、その後以下のようなポップアップが3回ほど表示されます。

これは多分、デバッガーのデバイスドライバのインストール許可なので、全て「インストール」ボタンをクリックしてインストールしましょう。

「e2 studio」インストーラー - 11


しばらくすると、ルネサス純正の「RL78」コンパイラのインストールが始まります。

前回「GCC」コンパイラをインストールしたので、コチラは使わないんですけど、一応インストールしてあげましょう。

ちなみに、GCCよりも純正コンパイラの方がパフォーマンスが良いという噂があります。

そのうち純正コンパイラに対応したカーネルも作りましょうかね?

以下、赤丸の順にクリックしていって下さい。

ルネサス純正の「RL78」コンパイラのインストーラー - 1


ルネサス純正の「RL78」コンパイラのインストーラー - 2


ルネサス純正の「RL78」コンパイラのインストーラー - 3


ルネサス純正の「RL78」コンパイラのインストーラー - 4


インストール作業が始まります。

ルネサス純正の「RL78」コンパイラのインストーラー - 5


以下の画面が表示されると少なくともルネサス純正の「RL78」コンパイラのインストール作業は終了です。

完了」をクリックしましょう。

ルネサス純正の「RL78」コンパイラのインストーラー - 6


この後、ルネサス純正の「RL78」コンパイラと同様、以下のソフトウェアのインストールが始まります。


●SMSアセンブラ

●ルネサスMCUツール・ライセンスマネージャ

●LLVM「RL78」コンパイラ


要領は一緒なので、インストールを続行しましょう。

…ゆっくりとコーヒー飲んでる暇もないなぁ…。


さて、最後の「LLVM「RL78」コンパイラ」のインストールが終了すると以下の画面が表示されます。

ここでは「Launch e2 studio?」にチェックを入れてから「OK」をクリックして下さい。

これにより「OK」をクリックすると「e2 studio」が自動的に起動するはずです。

「e2 studio」インストーラー - 12


以下のようなスプラッシュスクリーンが表示されます。

初回起動には、相当な時間がかかりますのでお覚悟を。

「e2 studio」のスプラッシュスクリーン


以下の表示が現れます。

あ~これ、絶対「Eclipse」ですわ…。

前回のMSP430版で使用したTIのIDEである「Code Composer Studio」もEclipseベースでしたが、ルネサスよ、オマエもか~。

まあ、Eclipse使い慣れている人にとっては何の問題もありませんが、若干古臭いんだよなぁ…。

ここは、デフォルトのワークスペースの場所で「起動」をクリックしましょう。

e2 studioランチャー


次に、以下の表示が出たら「登録」をクリックして下さい。

「Toolchain Integration」ダイアログ


以下のポップアップも「OK」をクリック。

「コード生成COMコンポーネントの登録」ポップアップ - 1


すると、以下のポップアップが表示されます。

これも「OK」をクリック。

あとで再起動しないとダメらしい…。

「コード生成COMコンポーネントの登録」ポップアップ - 2


以下のダイアログが表示されますが、これの入力はお好みに応じて。

面倒くさかったら別に「キャンセル」でも支障はないようです。

「My Renesasログイン」ダイアログ


以下も「いいえ」で良いでしょう。

「セキュアストレージ」ポップアップ


はい、そうすると以下の画面が残ります。

これが「e2 studio」です!

「e2 studio」


以上で「e2 studio」のインストールは完了です。

「コード生成を使用するには再起動してね!」って言われているので、一旦「e2 studio」を終了させておきましょう。


たかがIDEのインストール作業の割には、面倒くさかった忙しかったですね!

次回は、実際にこの「e2 studio」を使っていきましょう!


<続く>

0 件のコメント:

コメントを投稿

TOPPERS/ASP - AVR32版 その6

前回からの続き です。 このテーマを最初からご覧になる場合は こちら からどうぞ。 サンプルプロジェクトの説明 このページ( TOPPERS/ASPのビルドからデバッグまで~サンプルプロジェクトで遊ぼう )を参照してください。 AVR32版カーネルについて 以下、このカーネルにお...